新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

土佐日記 原文全集「渚の院」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
淀川

二月九日

九日。心許なさに、明けぬから、船を曳きつつ上れども、川の水なければ、ゐざりにのみぞゐざる。

この間に、和田の泊のあかれの所といふ所あり。米、魚など乞へば、行ひつ。

かくて、船曳き上るに、渚の院といふ所を見つつ行く。その院、昔を思ひやりて見れば、おもしろかりける所なり。後方(しりへ)なる岡には、松の木どもあり。中の庭には、梅の花咲けり。ここに、人々のいはく、

「これ、昔、名高く聞えたる所なり。故惟喬(これちか)の親王の御供に、故在原の業平の中将の、

  世の中に絶へて桜のなかざらば 春の心はのどけからまし

といふ歌詠める所なりけり」


今、今日ある人、所に似たる歌詠めり。

  千代経たる松にはあれど古の 声の寒さはかはらざりけり

また、ある人の詠める。

  君恋ひて世を経るやどの梅の花昔の香にぞなほ匂ひける

と言ひつつぞ、都の近づくをよろこびつつ上る。

かく上る人々の中に、京より下りし時に、みな人、子どもなかりき、いたれりし国にてぞ、子生めるものどもありあへる。人みな、船のとまる所に、子を抱きつつ降り乗りす。これを見て、昔の子の母、悲しさに堪へずして、

  なかりしもありつつかへる人の子を ありしもなくて来るが悲しき

と言ひてぞ泣きける。父もこれを聞きて、いかがあらむ。かうやうのことも歌も、このむとてあるにもあらざるべし。唐土もここも、思ふことに堪へぬ時のわざとか。

今宵、鵜殿といふ所に泊まる。


二月十日

十日。さはることありて、上らず。


二月十一日

十一日。雨いささかに降りて、止みぬ。

かくてさし上るに、東の方に、山の横ほれるを見て人に問へば、

「八幡の宮」


と言ふ。これを聞きてよろこびて、人々拝みたてまつる。

山崎の橋見ゆ。うれしきこと限りなし。ここに相応寺のほとりに、しばし船をとどめて、とかく定むることあり。この寺の岸ほとりに、柳多くあり。ある人、この柳の影の、川の底に映れるを見て詠める歌、

  さざれ波よする文をば青柳の影の糸して織るかとぞ見る


二月十二日

十二日、山崎に泊まれり。


二月十三日

十三日、なほ山崎に。


二月十四日

十四日。雨降る。今日、車、京へとりにやる。


二月十五日

十五日。今日、車ゐて来たり。船のむつかしさに、船より人の家にうつる。

この人の家、よろこべるやうにてあるじしたり。この主人の、またあるじのよきを見るに、うたて思ほゆ。いろいろに返り事す。家の出で入り、にくげならず、ゐややかなり。


Tunagari_title
・土佐日記 原文全集「渚の院」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 7,946 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!