新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

土佐日記 原文全集「白波・黒鳥のもとに」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
白波・黒鳥のもとに

一月二十一日

廿一日、卯の時ばかりに、船出だす。みな人々の船出づ。これを見れば、春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありける。おぼろげの願によりてにやあらむ、風も吹かず、よき日出で来て漕ぎ行く。

この間に、使はれむとて、付きて来る童(わらは)あり。それが歌ふ船唄、

  なほこそ国の方は見やらるれ、わが父母ありとし思へば、かへらや

と歌ふぞあはれなる。

かく歌ふを聞きつつ漕ぎ来るに、黒鳥と言ふ鳥、岩の上にあつまりをり。その岩のもとに、波白く打ち寄す。楫取の言ふやう、

「黒鳥のもとに、白き波を寄す」


とぞ言ふ。この言葉、なにとはなけれども、もの言ふやうにぞ聞こへたる。人の程に合はねば、とがむるなり。

かく言ひつつ行くに、船君なる人、波を見て、

「国より始めて、海賊報いせむ、と言ふなることを思ふ上に、海のまた恐ろしければ、頭もみな白けぬ。七十歳、八十歳は海にあるものなりけり。

  わが髪の雪と磯辺の白波と いづれまされり沖つ島守

楫取、言へ」



一月二十二日

廿二日。昨夜の泊より、異泊を追ひて行く。

はるかに山見ゆ。年九つばかりなる男の童、年よりは幼くぞある。この童、船を漕ぐまにまに山も行く、と見ゆるを見て、あやしきこと、歌をぞ詠める。その歌、

  漕ぎて行く船にて見ればあしひきの山さへ行くを松は知らずや

とぞ言へる。幼き童の言にては、似つかはし。

今日、海荒げにて、磯に雪降り、波の花咲けり。ある人の詠める、

  波とのみ一つに聞けど色見れば雪と花とにまがひけるかな


Tunagari_title
・土佐日記 原文全集「白波・黒鳥のもとに」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,906 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!