新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

土佐日記 原文全集「船出の日(船出)」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
船出の日

十二月廿七日

廿七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。

かくあるうちに、京にて生まれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、このごろの出で立ちいそぎを見れど、何ごともいはず。京へ帰るに、女子の亡きのみぞ悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。このあひだに、ある人の書きて出だせる歌、

  都へと思ふをものの悲しきは 帰らぬ人のあればなりけり

また、ある時には、

  あるものと忘れつつなほ亡き人を いづらと問ふぞ悲しかりける

と言ひける間に、鹿児の崎といふ所に、守(かみ)の兄弟、また他人(ことひと)、これかれ、酒なにと持て追ひ来て、磯に下りゐて、別れがたきことを言ふ。守の館の人々の中に、この来たる人々ぞ、心あるやうにはいはれほのめく。かく別れがたくいひて、かの人々の、口網ももろもちにて、この海辺にて、になひいだせる歌、

  惜しと思ふ人やとまると葦鴨(あしがも)の うち群れてこそ我は来にけれ

といひてありければ、いといたくめでて、行く人の詠めりける、

  棹させど底ひも知らぬわたつみの 深き心を君に見るかな

といふ間に、楫取(かぢとり)、もののあはれも知らで、己し酒をくらひつれば、はやく往なむとて、

「汐満ちぬ。風も吹きぬべし」


と騒げば、舟にのりなむとす。このをりに、ある人々、をりふしにつけて、漢詩ども、時に似つかわしきいふ。またある人、西国なれど、甲斐歌などいふ。

「かく歌ふに、舟屋形の塵も散り、空ゆく雲も漂ひぬ」


とぞ言ふなる。

今宵、浦戸に泊まる。藤原のときざね・橘のすゑひら、他人々追ひ来たり。


十二月廿八日

廿八日、浦戸より漕ぎ出でて、大湊をおふ。

この間に、以前(はやく)守の子、山口のちみね、酒、よきものども持て来て、船に入れたり。ゆくゆく飲み食ふ。


十二月廿九日

廿九日、大湊にとまれり。

医師、ふりはへて、屠蘇(とそ)、白散(びゃくさん)、酒くはへて持て来たり。志あるに似たり。


Tunagari_title
・土佐日記 原文全集「船出の日(船出)」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,592 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!