新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

土佐日記 原文全集「冒頭・門出」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
冒頭

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。

門出

十二月廿一日

それの年の十二月(しはす)の廿日あまり一日の日の戌の刻に門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。
 
ある人、県(あがた)の四年五年(よとせいつとせ)はてて、例のことどもみなしをへて、解由(げゆ)などとりて、住む館よりいでて、船に乗るべきところへわたる。かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろよくくらべつる人々なむ、別れ難く思ひて、日しきりに、とかくしつつののしるうちに、夜更けぬ。


十二月廿二日

廿二日に、和泉の国までと、たひらかに願立つ。藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海(しほうみ)のほとりにて、あざれあへり。


十二月廿三日

廿三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国にかならずしも言ひ使ふものにもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて、馬のはなむけしたる。守(かみ)がらにやあらむ、国人の心のつねとして、「今は」とて見へざなるを、心あるものは、恥ぢずになむ来ける。これは、ものによりてほむるにしもあらず。


十二月廿四日

廿四日。講師、馬のはなむけしに出でませり。ありとある上下(かみしも)、童まで酔ひしれて、一文字をだに知らぬもの、しが足は十文字にふみてぞ遊ぶ。


十二月廿五日

廿五日。守の館より、呼びに文持て来たなり。呼ばれて至りて、日一日、夜一夜、とかく遊ぶやうにて、明けにけり。


十二月廿六日

なほ守の館にて、あるじしののしりて、郎等までにものかづけたり。漢詩、声あげて言ひけり。和歌、あるじも客人(まらうと)も、他人(ことひと)も、言ひ合へりけり。漢詩は、これにえ書かず。和歌、あるじの守の詠めりける。

  都いでて君に逢はむと来しものを 来しかひもなく別れぬるかな

となむありければ、かへる前の守のよめりける。

  白妙の波路を遠くゆきかひて 我に似べきはたれならなくに

他人々のもありけれど、さかしきもなかるべし。とかくいひて、前の守、今のも、もろともに下りて、今の主人(あるじ)も、前のも、手とりかはして、酔言に心よげなることして、出で入りにけり。


Tunagari_title
・土佐日記 原文全集「冒頭・門出」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
森山京 2001年 「21世紀によむ日本の古典4 土佐日記・更級日記」ポプラ社
長谷川 政春,伊藤 博,今西 裕一郎,吉岡 曠 1989年「新日本古典文学大系 土佐日記 蜻蛉日記 紫式部日記 更級日記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,252 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!