新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「僧都の御乳母のままなど」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
僧都の御乳母のままなど

僧都の御乳母のままなど、御匣(みくしげ)殿の御局にゐたれば、男のある、板敷のもと近うよりきて、

「からい目を見さぶらひて、誰にかはうれへ申し侍らむ」


とて、泣きぬばかりのけしきにて、

「なにごとぞ」


と問へば、

「あからさまにものにまかりたりしほどに、侍る所の焼け侍りにければ、がうなのやうに、人の家に尻をさし入れてのみさぶらふ。馬寮(うまづかさ)の御秣(みまぐさ)つみて侍りける家よりいでまうできて侍るなり。ただ垣をへだてて侍れば、夜殿にねて侍りけるわらはべも、ほとほとやけぬべくてなむ、いささかものもとうで侍らず」

などいひをるを、御匣殿も聞き給ひて、いみじう笑ひ給ふ。
  
みまくさをもやすばかりの春の日に夜殿さへなど残らざるらむ

とかきて、

「これをとらせ給へ」


とて投げやりたれば、笑ひののしりて、

「このおはする人の、家やけたなりとて、いとほしがりてたまふなり」


とて、とらせたれば、ひろげてうちみて、

「これはなにの御短冊にか侍らむ。ものいくらばかりにか」


といへば、

「ただよめかし」


といふ。

「いかでか。片目もあきつかうまつらでは」


といへば、

「人にも見せよ。ただいまめせば、とみにて上へまゐるぞ。さばかりめでたき物をえてはなにをか思ふ」


とて、みな笑ひまどひのぼりぬれば、

「人にや見せつらむ、里にいきていかに腹だたむ」


など、御前にまゐりてままの啓すれば、また笑ひさわぐ。御前にも、

「などかくものぐるほしからむ」


と笑はせ給ふ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「僧都の御乳母のままなど」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,188 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!