新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「大納言殿まゐり給ひて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
大納言殿まゐり給ひて

大納言殿まゐり給ひて、ふみのことなど奏し給ふに、例の、夜いたくふけぬれば、御前なる人々、一人二人づつうせて、御屏風、みき丁のうしろなどにみなかくれふしぬれば、ただ一人、ねぶたきを念じてさぶらふに、

「丑四つ」


と奏すなり。

「明け侍りぬなり」


とひとりごつを、大納言殿、

「いまさらに、なおほとのごもりおはしましそ」


とて、ぬべきものとも思いたらぬを、うたてなにしにさ申しつらむ、と思へど、また人のあらばこそはまぎれも臥さめ。


上の御前の、柱によりかからせ給ひて、すこしねぶらせ給ふを、

「かれ見たてまつらせ給へ。いまは明けぬるに、かう大殿籠るべきかは」


と申させ給へば、

「げに」


など宮の御前にも笑ひ聞こえさせ給ふも、しらせ給はぬほどに、長女が童の、庭鳥(にはとり)をとらへ持てきて、

「あしたに里へ持ていかむ」


といひて、隠しおきたりける、いかがしけむ、犬みつけて追ひければ、廊の間木に逃げいりて、おそろしう鳴きののしるに、みな人おきなどしぬなり。上もうちおどろかせ給ひて、

「いかでありつる鶏ぞ」


などたづねさせ給ふに、大納言殿の、

「声、明王の眠りをおどろかす」


といふことを、たかううち出だし給へる、めでたうをかしきに、ただ人のねぶたかりつる目もいとおほきになりぬ。

「いみじきをりのことかな」


と、上も宮も興ぜさせ給ふ。なほかかることこそめでたけれ。
 
1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・枕草子 原文全集「大納言殿まゐり給ひて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,067 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!