新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「十二月廿四日」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
十二月廿四日

十二月廿四日、宮の御仏名(みぶつみょう)の半夜の導師聞きて出づる人は、夜中ばかりも過ぎにけむかし。
 

日ごろ降りつる雪の、今日はやみて、風などいたうふきつれば、垂氷(たるひ)いみじうしたり。地などこそむらむら白き所がちなれ、屋のうへはただおしなべて白きに、あやしき賎(しづ)の屋も雪にみな面隠しして、有明の月のくまなきに、いみじうをかし。銀(しろかね)などをふきたるやうなるに、水晶の滝、などいはましやうにて、長く短く、ことさらにかけわたしたると見えて、いふにもあまりてめでたきに、下簾(したすだれ)もかけぬ車の、簾をいとたかうあげたれば、奥までさし入りたる月に、薄色、白き、紅梅など、七つ八つばかりきたるうへに、濃き衣のいとあざやかなる、つやなど月にはへてをかしう見ゆるかたはらに、葡萄染(ゑびぞめ)の固紋の指貫、白き衣どもあまた、山吹、くれなゐなど着こぼして、直衣のいと白き紐をときたれば、ぬぎ垂れられていみじうこぼれ出でたり。指貫のかたつ方は、軾のもとにふみ出だしたるなど、道に人あひたらば、をかしと見つべし。
 

月のかげのはしたなさに、うしろざまにすべり入るを、つねにひきよせ、あらはになされてわぶるもをかし。

「凛々として氷鋪けり」


といふことを、かへすがへす誦しておはするは、いみじうをかしうて、夜一夜もありかまほしきに、行く所のちかうなるもくちをし。


Tunagari_title
・枕草子 原文全集「十二月廿四日」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,951 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!