新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「文言葉なめき人こそ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
文言葉なめき人こそ

文言葉なめき人こそ、いとどにくけれ。世をなのめに書きながしたる言葉の、にくきこそ。さるまじき人のもとに、あまりかしこまりたるも、げにわろきことなり。されど、わが得たらむはことはり、人のもとなるさへ、にくくこそあれ。

おほかた、さしむかひてもなめきは、などかくいふらむと、かたはらいたし。まいて、よき人などをさ申すものは、いみじうねたうさへあり。田舎びたるものなどの、さあるは、をこにていとよし。
 

男主など、なめくいふ、いとわるし。わが使ふものなどの、

「なにとおはする、のたまふ」


などいふ、いとにくし。ここもとに

「侍(はべり)」


などいふ文字をあらせばや、と聞くこそおほかれ。さもいひつべきものには、

「人間の愛敬な。などかう、この言葉はなめき」


といへば、聞く人も、いはるる人も笑ふ。かうおぼゆればにや、

「あまりみそす」


などいふも、人わろきなるべし。
 

殿上人、宰相などを、ただなのる名を、いささかつつましげならずいふは、いとかたはなるを、きようさいはず、女房の局なる人をさへ、

「あのおもと、君」


などいへば、めづらかにうれしと思ひて、ほむることぞいみじき。
 

殿上人、君達、御前(おまへ)よりほかにては、官をのみいふ。また、御前にては、おをのがどち、ものをいふとも、聞こしめすには、などてか

「まろが」


などいはむ。さいはむにかしこく、いはざらむにわろかるべきことかは。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「文言葉なめき人こそ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,475 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!