新規登録 ログイン

14_80 高次方程式 / 複素数

共役な複素数とは[共役な複素数の意味とその性質]

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加
共役な複素数

ここでは共役な複素数についてみていきましょう。「きょうやくな」と読むので、読み方を間違えないようにしましょうね。

"a+bi"と"a−bi"

"abi"と"abi"

この2つの複素数の違いは、赤文字で示した部分が"+"か"−"かです。こういうときに、2つの複素数"a+bi"と"a−bi"は、互いに共役な複素数であるといいます。

この単元は問題を通して一緒に考えた方が早いので、早速練習問題をみてみましょう。

練習問題

問題
次の複素数について、共役な複素数を求めましょう。
(1) 1+2i
(2) 3−i
(3) −4i
(4) −5


(1) 1+2i

"a+bi"と"a−bi"の関係のように、虚部についている"+"を"−"にかえたもの(もしくは"−"を"+"にかえたもの)を共役な複素数といいましたね。なので"1+2i"の共役な複素数は、"+2i"の"+"を"−"にかえて、"1−2i"となります。


(2) 3−i

(1)と同様に、"3−i"の"−i"の"−"を"+"にかえて、"3+i"。これが"3−i"の共役な複素数です。


(3) −4i

ちょっと頭を使う問題です。
そもそも"−4i"とは"0−4i"で、0が省略されていると考えてみましょう。

すると、"0−4i"の"−"を"+"にかえて"0+4i"。0は省略できるので、"4i"。これが"−4i"の共役な複素数です。


(4) −5

(3)と同じように、"−5"とは"−5+0i"で、0が省略されていると考えてみましょう。

すると、"−5+0i"の"−"を"+"にかえて"−5+0i"。0のついた項は省略されるので、"−5"。これが"−5"の共役な複素数です。

このように、iがついていなければ共役な複素数はかわらないこともあわせて覚えておきましょう。




Tunagari_title
・共役な複素数とは[共役な複素数の意味とその性質]

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅱ 数研出版
2013 数学Ⅱ 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 25,621 pt 
 役に立った数 40 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。