新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「位こそな猶めでたき物はあれ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
位こそな猶めでたき物はあれ

位こそな猶めでたき物はあれ。おなじ人ながら、大夫の君、侍従の君など聞こゆるをりは、いとあなづりやすきものを、中納言、大納言、大臣などになり給ひては、むげにせくかたもなく、やむごとなうおぼえ給ふことの、こよなさよ。ほどほどにつけては、受領なども、みなさこそはあめれ。あまた国にいき、大弍や四位、三位などになりぬれば、上達部(かんだちめ)なども、やむごとながり給ふめり。

女こそ猶わろけれ。内裏わたりに、御乳母は内侍のすけ、三位などになりぬれば、おもおもしけれど、さりとてほどより過ぎ、なにばかりのことかはある。また、おほやうはある。受領の北の方にて、国へ下るをこそは、よろしき人の幸ひの際(きは)と思ひて、めでうらやむめれ。ただ人の上達部の北の方になり、上達部の御むすめ、后にゐ給ふこそは、めでたきことなめれ。

されど、男は猶、わかき身のなりいづるぞ、いとめでたきかし。法師などの、なにがしなどいひてありくは、なにとかはみゆる。経たふとくよみ、みめきよげなるにつけても、女房にあなづられて、なりかかりこそすめれ。僧都、僧正になりぬれば、仏のあらはれ給へるやうに、おぢまどひかしこまるさまは、なににか似たる。


Tunagari_title
・枕草子 原文全集「位こそな猶めでたき物はあれ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,145 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!