新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「したり顔なる物」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
したり顔なる物

したり顔なる物。

正月一日に最初にはなひたる人。

よろしき人はさしもなし、下﨟よ。

きしろふたびの蔵人に子なしたる人のけしき。

また、除目(ぢもく)にその年の一の国えたる人。

よろこびなどいひて、

「いとかしこうなり給へり」


などいふいらへに、

「なにかは、いとこと様にほろびて侍るなれば」


などいふも、いとしたり顔なり。


また、いふ人おほくいどみたる中に、選(え)りて婿になりたるも、我はと思ひぬべし。

受領したる人の宰相になりたるこそ、もとの君達のなりあがりたるよりも、したり顔に、けだかういみじうは思ひためれ。

Tunagari_title
・枕草子 原文全集「したり顔なる物」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,439 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!