新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「宮にはじめてまいりたるころ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
宮にはじめてまいりたるころ

宮にはじめてまいりたるころ、もののはづかしきことのかずしらず、涙も落ちぬべければ、夜々まゐりて、三尺の御几帳のうしろにさぶらふに、絵などとりいでて見せさせ給ふを、手にてもえさしいづまじう、わりなし。

「これはとあり、かかり。それが、かれが」


などのたまはす。高坏(たかつき)にまゐらせたる御殿油なれば、髪のすぢなどもなかなか昼よりも顕証(けそう)にみえてまばゆけれど、念じてみなどす。いとつめたきころなれば、さしいでさせ給へる御手のはつかにみゆるが、いみじうにほひたる薄紅梅なるは、限りなくめでたしと、みしらぬ里人心地には、かかる人こそは世におはしましけれと、おどろかるるまでぞ、まもりまいらする。


暁にはとく下りなむといそがるる。

「葛城の神もしばし」


など仰せらるるを、いかでかはすぢかひ御覧ぜられむとて、なほふしたれば、御格子もまゐらず。女官どもまゐりて、

「これ、放たせ給へ」


などいふを聞きて、女房の放つを、

「まな」


と仰せらるれば、笑ひてかへりぬ。

ものなどとはせ給ひ、のたまはするに、久しうなりぬれば、

「下りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。夜さりはとく」


と仰せらる。ゐざりかくるるやをそきと、あげちらしたるに、雪降りにけり。登花殿の御前は、立蔀(たてじとみ)ちかくてせばし。雪いとをかし。
 

昼つかた、

「今日はなほまゐれ。雪にくもりてあらはにもあるまじ」


など、たびたび召せば、この局のあるじも、

「見ぐるし。さのみやは篭(こも)りたらむとする。あへなきまで御前ゆるされたるは、さおぼしめすやうこそあらめ。思ふにたがふはにくきものぞ」


と、ただいそがしにいだしたつれば、あれにもあらぬ心地すれどまいるぞ、いと苦しき。火焼屋の上に降りつみたるも、めづらしうをかし。
 

御前ちかくは、例の炭櫃(すびつ)の火こちたくおこして、それにはわざと人もゐず。上臈、御まかなひし給ひけるままに、ちかうゐ給へり。沈の御火桶の梨絵したるにおはします。次の間に、長炭櫃にひまなくゐたる人々、唐衣こきたれたるほど、なれやすらかなるを見るも、いとうらやまし。御文とりつぎ、立居いきちがふさまなどの、つつましげならず、ものいひゑわらふ。いつの世にかさやうにまじらひならむ、と思ふさへぞつつましき。あふ寄りて、三四人さしつどひて、絵などみるもあめり。


しばしありて、前駆(さき)たかうおふ声すれば、殿まゐらせ給ふなりとて、ちりたるものどもとりやりなどするに、いかでおりなむと思へど、さらにえふともみじろがねば、いま少し奥にひきいりて、さすがにゆかしきなめりと、御几帳のほころびよりはつかにみいれたり。
 

大納言殿のまゐり給へるなりけり。御直衣、指貫の紫の色、雪にはえていみじうをかし。柱もとにゐ給ひて、

「昨日今日、物忌みに侍りつれど、雪のいたく降り侍りつれば、おぼつかなさになむ」


と申し給ふ。

「道もなしと思ひつるに、いかで」


とぞ御いらへある。うち笑ひ給ひて、

「あはれともや御覧ずるとて」


などのたまふ御ありさまども、これより何事かはまさらむ。物語に、いみじう口にまかせていひたるにたがはざめりとおぼゆ。
 

宮は白き御衣どもに、紅の唐綾をぞ上にたてまつりたる。御髪(みぐし)のかからせ給へるなど、絵にかきたるをこそ、かかることは見しに、うつつにはまだ知らぬを、夢の心地ぞする。女房とものいひ、たはぶれごとなどし給ふ。御いらへを、いささかはづかしとも思ひたらず聞こえかへし、そらごとなどのたまふは、あらがひ論じなど聞こゆるは、目もあやに、あさましきまで、あいなうおもてぞあかむや。御くだものまゐりなど、とりはやして、御前にもまゐらせ給ふ。
 
「御帳のうしろなるは、たれぞ」


ととひ給ふなるべし。さかすにこそはあらめ、立ちておはするを、なをほかへにやと思ふに、いとちかうゐ給ひて、ものなどのたまふ。まだまゐらざりしより聞きをき給ひけることなど、

「まことにや、さありし」


などのたまふに、御几帳へだてて、よそに見やりたてまつりつるだにはづかしかりつるに、いとあさましう、さし向かひ聞こえたる心地、うつつともおぼえず。行幸などみるをり、車のかたにいささかも見おこせ給へば、下簾(したすだれ)ひきふたぎて、透影もやと扇をさしかくすに、なほいとわが心ながらもおほけなく、いかでたちいでしにかと、汗あへていみじきには、何事をかはいらへも聞こえむ。かしこき陰とささげたる扇をさへとり給へるに、ふりかくべき髪のおぼえさへあやしからむと思ふに、すべて、さるけしきもこそは見ゆらめ、とくたち給ひなむと思へど、扇を手まさぐりにして、絵のこと、

「誰がかかせたるぞ」


などのたまひて、とみにも給はねば、袖をおしあててうつぶしゐたるも、唐衣に白いものうつりて、まだらならむかし。
 

久しくゐ給へるを、心なうくるしと思ひたらむ、と心えさせ給へるにや、

「これみ給へ。これはたが手ぞ」


と聞こえさせ給ふを、

「給はりて見侍らむ」


と申し給ふを、

「なほ、ここへ」


とのたまはす。

「人をとらへてたて侍らぬなり」


とのたまふもいといまめかしく、身のほどにあはず、かたはらいたし。人の草仮名かきたる草子などとりいでて御覧ず。

「たれがにかあらむ。かれに見せさせ給へ。それぞ、世にある人の手はみな見知りて侍らむ」


など、ただいらへさせむと、あやしきことどもをのたまふ。
 

ひとどころだにあるに、また前駆(さき)うちおはせて、同じ直衣の人まゐり給ひて、これはいま少しはなやぎ、猿楽言(さるがうごと)などし給ふを、笑ひ興じ、我も

「なにがしが、とあること」


など、殿上人のうへなど申し給ふを聞くは、なほ、変化のもの、天人などの下りきたるにやとおぼえしを、さぶらひなれ、日ごろすぐれば、いとさしもあらぬわざにこそはありけれ。かく見る人々も、みな家のうちいでそめけむほどは、さこそはおぼえけめなど、観じもてゆくに、をのづからおもなれぬべし。
 

物など仰せられて、

「我をば思ふや」


ととはせ給ふ。御いらへに、

「いかがは」


と啓するにあはせて、台盤所のかたに、はなをいと高うひたれば、

「あな心憂。そらごとをいふなりけり。よしよし」


とて奥へ入らせ給ひぬ。いかでかそらごとにはあらむ、よろしうだに思ひ聞こえさすべきことかは、あさましう、鼻こそそらごとはしけれ、と思ふ。さても、誰かかくにくきわざはしつらむ、おほかた心づきなし、とおぼゆれば、さるをりもをしひしぎつつあるものを、まいていみじ、にくしと思へど、まだうひうひしければ、ともかくもえ啓しかへさで、あけぬれば下りたる、すなはち、浅緑(あさみどり)なる薄様に、艶(えん)なる文を、

「これ」


とてきたる。あけて見れば、

いかにしていかにしらましいつはりを 空にただすの神なかりせば

となむ、御けしきは」


とあるに、めでたくもくちをしうも思ひみだるるにも、なほよべの人ぞねたくにくままほしき。
  

薄さ濃さそれにもよらぬはなゆゑに うき身のほどをみるぞわびしき

なほこればかりは啓しなほさせ給へ。式の神もをのづから。いとかしこし」


とてまゐらせてのちにも、うたて、をりしも、などて、さ、はたありけむと、いとなげかし。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「宮にはじめてまいりたるころ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 18,790 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!