新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「村上の先(前)帝の御時に」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
村上の先帝の御時に

村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花をさして、月のいとあかきに、

「これに歌よめ。いかがいふべき」


と、兵衛の蔵人に給はせたりければ、

「雪月花の時」


と奏したりけるこそ、いみじうめでさせ給ひけれ。

「歌などよむは世の常なり。かくをりにあひたることなむいひがたき」


とぞ、仰せられける。
 

同じ人を御供にて、殿上に人さぶらはざりけるほど、たたずませ給ひけるに、火櫃(ひびつ)に煙の立ちければ、

「かれは何ぞと見よ」


と仰せられければ、みてかへりまゐりて、
  
わたつうみの沖にこがるる物みれば、あまの釣(つち)してかへるなりけり

と奏しけるこそをかしけれ。蛙の飛び入りて焼くるなりけり。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「村上の先(前)帝の御時に」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 23,225 pt 
 役に立った数 19 pt 
 う〜ん数 26 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!