新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「宮仕人の里なども」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
宮仕人の里なども

宮仕人の里なども、親ども二人あるはいとよし。人しげく出で入り、奥のかたにあまた声々さまざま聞こえ、馬の音などして、いとさわがしきまであれど、とがもなし。


されど、しのびてもあらはれても、おのづから、

「出で給ひにけるをえしらで」


とも、また、

「いつか参り給ふ」


などいひに、さしのぞき来るもあり。心かけたる人、はた、いかがは。門あけなどするを、うたてさわがしう、おほやうげに夜中まで、など思ひたるけしき、いとにくし。

「大御門はしつや」


など問ふなれば、

「いま。まだ人のおはすれば」


などいふものの、なまふせがしげに思ひていらふるにも、

「人いで給ひなばとくさせ。このころ盗人いとおほかなり。火あやふし」


などいひたるが、いとむつかしう、うち聞く人だにあり。


この人の供なるものどもは、わびぬにやあらむ、この客いまや出づる、と絶えずさしのぞきてけしき見るものどもを笑ふべかめり。まねうちするを聞かば、ましていかにきびしくいひとがめむ。いと色にいでていはぬも、思ふ心なき人は、かならず来(き)などやはする。されど、すくよかなるは、

「夜ふけぬ。御門あやふかなり」


など笑ひて出でぬるもあり。まことに心ざしことなる人は、

「はや」


などあまたたびやらはるれど、なほゐあかせば、たびたび見ありくに、あけぬべきけしきを、いとめづらかに思ひて、

「いみじう、御門を、今宵、らいさうとあけひろげて」


と聞こえごちて、あぢきなく、暁にぞさすなるは、いかがはにくきを、おやそひぬるは、なほさぞある。まいて、まことのならぬは、いかに思ふらむとさへつつまし。せうとの家なども、けにくきはさぞあらむ。
 

夜中、暁ともなく、門もいと心かしこうももてなさず、なにの宮、内裏わたり、殿ばらなる人々も、出であひなどして、格子などもあげながら冬の夜をゐあかして、人の出でぬるのちも、見いだしたるこそをかしけれ。有明などは、ましていとめでたし。笛などふきて出でぬるなごりは、いそぎてもねられず。人のうへどもいひあはせて、歌など語り聞くままに、寝いりぬるこそ、をかしけれ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「宮仕人の里なども」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 下」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,180 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!