新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「五月ばかり」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
五月ばかり

五月ばかり、月もなういとくらきに、

「女房や候ひ給ふ」


と声々していへば、

「出でて見よ。例ならずいふは誰ぞとよ」


とおほせらるれば、

「こはたそ。いとおどろおどろしう、きはやかなるは」


といふ。ものもいはで御簾をもたげて、そよろとさし入るる、呉竹なりけり。

「おい、この君にこそ」


といひたるを聞きて、

「いざいざ。これまづ殿上にいきて語らむ」


とて、式部卿の宮の源中将、六位どもなどありけるはい去ぬ。


頭弁はとまり給へり。

「あやしくても、いぬるものどもかな。御前の竹ををりて、歌詠まむとてしつるを、同じくは職にまひりて、女房など呼び出できこえてともてきつるに、呉竹の名をいととくいはれて、いぬるこそ、いとをしけれ。たがをしへを聞きて、人のなべしるべうもあらぬ事をばいふぞ」


など、のたまへば、

「竹の名ともしらぬものを。なめしとやおぼしつらむ」


といへば、

「まことに、そはしらじを」


など、のたまふ。


まめごとなどもいひあはせてゐ給へるに、

「うへてこの君と称す」


と誦(ず)じて、また集まりきたれば

「殿上にていひ期しつる本意もなくては。など、かへり給ひぬるぞと、あやしうこそありつれ」


とのたまへば、

「さることには、なにのいらへをかせむ。なかなかならむ。殿上にていひののしりつるを、上もきこしめして興ぜさせおはしましつ」


と語る。頭弁もろともに、同じことを返す返す誦じ給ひて、いとをかしければ、人々、みなとりどりに、ものなどいひあかして、かへるとてもなほ、同じことを、諸声に誦じて、左衛門の陣入るまで聞こゆ。


つとめて、いととく、少納言の命婦といふが御文まゐらせたるに、この事を啓したりければ、下なるを召して、

「さる事やありし」


と問はせたまへば

「しらず。なにともしらで侍りしを、行成の朝臣(あそん)のとりなしたるにや侍らむ」


と申せば、

「とりなすとも」


とて、うち笑ませ給へり。誰が事をも、殿上人ほめけりなどきこしめすを、さいはるる人をも、よろこばせ給ふも、をかし。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「五月ばかり」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,045 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!