新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「頭弁の、職にまひり給ひて」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
頭弁の、職にまひり給ひて

頭弁の、職にまひり給ひて、物語などし給ひしに、

「夜いたうふけぬ。あす御物忌なるに、こもるべければ、丑(うし)になりなばあしかりなむ」


とて、まひり給ひぬ。


つとめて、蔵人所の紙屋紙ひき重ねて、

「けふは残りおほかる心地なむする。夜をとして、昔物語もきこえあかさむ、とせしを、にはとりの声にもよほされてなむ」


と、いみじうことおほくかき給へる、いとめでたし。御返しに、

「いと夜ふかく侍りける鳥の声は、孟嘗君のにや」


と聞こえたれば、たちかへり、

「『孟嘗君のにはとりは、函谷(かんこく)関をひらきて、三千の客、わづかに去れり』とあれども、これは逢坂の関なり」


とあれば、

「夜をこめて鳥のそらねははかるとも 世に逢坂の関はゆるさじ 心かしこき関守侍り」


ときこゆ。また、たちかへり、

あふさかは人越えやすき関なれば 鳥なかぬにもあけて待つとか

とありし文どもを、はじめのは、僧都の君、いみじう額をさへつきて、とり給ひてき。後々のは御前に。

 
さて、

「逢坂の歌はへされて、返しもえせずなりにき。いとわろし。さてその文は、殿上人みな見てしは」


とのたまへば、

「まことにおぼしけりと、これにこそ知られぬれ。めでたきことなど、人のいひつたへぬは、かひなきわざぞかし。また、みぐるしきこと散るがわびしければ、御文はいみじう隠して人につゆみせ侍らず。御心ざしのほどをくらぶるに、ひとしくこそは」


といへば、

「かくものを思ひしりていふが、なほ、人には似ずおぼゆる。『思ひぐまなく、あしうしたり』など、例の女のやうにやいはむ、とこそ思ひつれ」


などいひて、笑ひ給ふ。

「こはなどて。よろこびをこそきこえめ」


などいふ。

「まろが文を隠し給ひける、また、なほあはれにうれしきことなりかし。いかに心憂くつらからまし。いまよりも、さを頼みきこえむ」


などのたまひてのちに、経房の中将おはして、

「頭弁は、いみじうほめ給ふとは知りたりや。一日の文にありしことなど語り給ふ。思ふ人の、人にほめらるるは、いみじううれしき」


など、まめまめしうのたまふもをかし。

「うれしきこと二つにて、かのほめ給ふなるに、また、思ふ人のうちに侍りけるをなむ」


といへば、

「それめづらしう、いまのことのやうにもよろこび給ふかな」


など宣のたまふ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「頭弁の、職にまひり給ひて」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,543 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!