新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「などて、官えはじめたる」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
などて、官えはじめたる

「などて、官(つかさ)えはじめたる六位の笏(しゃく)に、職の御曹司の辰巳のすみの、築土(ついひぢ)の板はせしぞ。さらば、西東のをもせよかし」


などいふことをいひ出でて、あぢきなきことどもを、

「衣などに、すずろなる名どもをつけけむ、いとあやし。衣のなかに、細長はさもいひつべし。なぞ、汗衫(かざみ)は。尻長といへかし。をの童の着たるやうに」

「なぞ、唐衣は。短衣といへかし」

「されどそれは唐土の人の着るものなれば」

「うへの衣、うへの袴は、さもいふべし。下襲(したがさね)よし。」

「大口、また、ながさよりは口ひろければ、さもありなむ。」

「袴、いとあぢきなし。」

「指貫はなぞ。足の衣といふべけれ」

「もしは、さやうのものをば袋といへかし」


など、よろづのことをいひののしるを、

「いであなかしがまし。今はいはじ。寝給ひね」


といふ、いらへに、夜居の僧の、

「いとわろからむ。夜一夜こそ、なほのたまはめ」


と、にくしと思ひたりし声ざまにていひたりしこそ、をかしかりしにそへておどろかれにしか。


Tunagari_title
・枕草子 原文全集「などて、官えはじめたる」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,025 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!