新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「はづかしきもの」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
はづかしきもの

はづかしきもの。男の心のうち。いざとき夜居の僧。みそか盗人の、さるべき隈にゐて見るらむを、誰かは知らむ、くらきまぎれに、忍びて物ひきとる人もあらむかし。そはしも、おなじ心にをかしとや思ふらむ。


夜居の僧は、いとはづかしきものなり。わかき人々あつまりゐて、人の上をいひ、笑ひそしり、にくみもするを、つくづくと聞きあつむる、いとはづかし。

「あなうたて、かしがまし」


など、おまへちかき人などのけしきばみいふをも聞き入れず、いひいひのはては、みなうちとけてぬるもいとはづかし。


男は、うたて思ふさまならず、もどかしう心づきなきことなどありと見れど、さしむかひたる人を、すかし頼むるこそ、はづかしけれ。まして、情けあり、好ましう、人に知られたるなどは、おろかなりと思はすべうももてなさずかし。心のうちにのみならず、またみな、これがことはかれにいひ、かれが事はこれにいひきかすべかめるも、我がことをば知らで、かう語るは、なほこよなきなめりと思やすらむ。いで、されば、すこしも思ふ人にあへば、心はかなきなめりと見えて、いとはづかしうもあらぬぞかし。いみじうあはれに、心苦しう、見すてがたき事などを、いささかなにとも思はぬも、いかなる心ぞとこそあさましけれ。さすがに、人の上をもどき、ものをいとよくいふさまよ。ことにたのもしき人なき宮仕人などをかたらひて、ただならずなりぬるありさまを、きよく知らで、などもあるは。




Tunagari_title
・枕草子 原文全集「はづかしきもの」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,199 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!