新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「見ぐるしきもの」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
見ぐるしきもの

見ぐるしきもの。衣のせぬい、肩よせて着たる。また、のけ頸したる。

例ならぬ人の前に、子おひて出できたるもの。

法師、陰陽師の、紙冠して祓(はら)へしたる。


色くろうにくげなる女の、鬘(かづら)したると、鬚がちにかじけやせやせなる男、夏、昼寝したるこそ、いと見ぐるしけれ。

なにの見るかひにて、さて臥いたるならむ。

夜などは、かたちも見えず、また、みなおしなべて、さることとなりければ、我はにくげなりとて、起きゐるべきにもあらずかし。

さて、つとめてはとく起きぬる、いとめやすしかし。

夏、昼寝して起きたるは、よき人こそ、いますこしをかしかなれ、ゑせかたちは、つやめき、寝腫れて、ようせずは頬ゆがみもしぬべし。

かたみにうち見かはしたらむほどの、生けるかひなさや。


やせ色くろき人の、生絹の単衣きたる、いと見ぐるしかし。
Tunagari_title
・枕草子 原文全集「見ぐるしきもの」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,280 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!