新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子 原文全集「はるかなるもの/方弘は、いみじう人に」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
はるかなるもの

はるかなるもの。

半臂の緒ひねる。

みちの国へ行く人、逢坂(あふさか)こゆる程。

うまれたるちごの、大人になるほど。



方弘は、いみじう人に

方弘(まさひろ)は、いみじう人に笑はるるものかな。親などいかに聞くらむ。供にありくものの、いとひさしきを呼びよせて、

「なにしに、かかるものには使はるるぞ。いかがおぼゆる」


など笑ふ。


ものいとよくするあたりにて、下重の色、うへのきぬなども、人よりよくて着たるをば、

「これをこと人に着せばや」


などいふに、げにまた言葉遣ひなどぞあやしき。里に宿直物とりにやるに、

「男二人まかれ」


といふを、

「ひとりしてとりにまかりなむ」


といふ。

「あやしの男や。ひとりしてふたりが物をばいかで持たるべきぞ。一升瓶に二升は入るや」


といふを、なでふことと知る人はなけれど、いみじう笑ふ。人の使の来(き)て、

「御返ごととく」


といふを、

「あのにくの男や。などかうまどふ。かまどに豆やくべたる。この殿上の墨筆は、なにの盗み隠したるぞ。飯(いひ)、酒ならばこそ、人もほしがらめ」


といふを、また笑ふ。


女院なやませ給ふとて、御使にまゐりてかへりたるに、

「院の殿上には、誰々かありつる」


と人の問へば、

「それ、かれ」


など、四五人ばかりいふに、

「また誰か」


と問へば、

「さては、ぬる人どもぞありつる」


といふも笑ふも、またあやしきことにこそはあらめ。人間により来(き)て、

「わがきこそ、ものきこえむ。まづと、人ののたまひつることぞ」


といへば、

「なにごとぞ」


とて、几帳のもとにさしよりたれば、

「むくろごめにより給へ」


といひたるを、

「五体ごめ」


となむいひつるとて、また笑はる。
 

除目の中の夜、さしあぶらするに、灯台の打敷をふみて立てるに、あたらしき油単に、襪(しとうづ)はいとよくとらへられにけり。さしあゆみてかへれば、やがて灯台は倒れぬ。襪に打敷つきてゆくに、まことに大地震動したりしか。


頭つき給はぬかぎりは、殿上の台盤には人もつかず。それに、豆一盛りをやをらとりて、小障子のうしろにてくひければ、ひきあらはして笑ふことかぎりなし。
Tunagari_title
・枕草子 原文全集「はるかなるもの/方弘は、いみじう人に」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,287 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!