新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「淑景舎、春宮に」其の二

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
淑景舎、春宮に

其の一

しばしありて、式部丞なにがし、御使ひにまゐりたれば、御膳やどりの北によりたる間に、褥(しとね)さしいだしてすゑたり。御返答はとくいでさせ給ひつ。まだ褥もとりいれぬ程に、春宮の御使ひに周頼(ちかより)の少将まゐりたり。御文取り入れて、渡殿はほそき縁なれば、こなたの縁に、こと褥さしいだしたり。御文とり入れて、殿、上、宮など、御覧じわたす。

「御返し、はや」


とあれど、とみにも聞こえ給はぬを、

「なにがしか見侍れば、かき給はぬなめり。さらぬをりはこれよりぞ、間もなく聞こえ給ふなる」


など申し給へば、御おもては少しあかみて、うちほほゑみ給へる、いとめでたし。

「まことにとく」


など、上も聞こえ給へば、奥に向きてかい給ふ。上、ちかうより給ひて、もろともに、かかせたてまつり給へば、いとどつつましげなり。宮の御方より、萌黄(もえぎ)の織物の小袿袴、おしいでたれば、三位の中将かづけ給ふ。首くるしげに思うてもちたちぬ。


松君の、をかしうもののたまふを、たれもたれもうつくしがり聞こえ給ふ。

「宮の御みこたち、とてひきいでたらむに、わるく侍らじかし」


などのたまはするを、げに、などかさる御事の今まで、とぞ心もとなき。


未(ひつじ)の時ばかりに、

「筵道(えんだう)まゐる」


などいふ程もなく、うちそよめきていらせ給へば、宮もこなたへいらせ給ひぬ。やがて御帳にいらせ給ひぬれば、女房も南おもてに皆そよめきゐぬめり。廊に殿上人にとおほかり。殿の御前に宮司めして、

「くだもの、さかななどめさせよ。人々酔はせ」


など仰せらるる。誠にみなゑひて、女房とものいひかはす程、かたみにをかしと思ひためり。


日の入る程におきさせ給ひて、山の井の大納言めし入て、御袿まゐらせ給ひて、かへらせ給ふ。桜の御直衣に紅の御衣ぞ祐えなども、かしこければとどめつ。山の井の大納言は、いりたたぬ御せうとにては、いとよくおはするぞかし。にほひやかなるかたは、この大納言にもまさり給へるものを。かく世の中の人は、せちにいひおとしきこゆるこそ、いとほしけれ。殿、大納言、山の井も、三位の中将、内蔵頭(くらのかみ)などさbらひ給ふ。


宮のぼらせ給ふべき御使ひにて、馬の内侍のすけまゐりたり。

「こよひはえなむ」


などしぶらせ給ふに、殿きかせ給ひて

「いとあしき事。はやのぼらせ給へ」


と申させ給ふに、春宮の御使ひしきりてあるほど、いとさはがし。おほんむかへに、女房、春宮の侍従などいふ人もまゐりて、

「とく」


とそそのかしきこゆ。

「まづ、さは、かの君わたしきこえ給ひて」


とのたまはすれば、

「さりとも、いかでか」


とあるを、

「見をくりきこえむ」


などのたまはする程も、いとめでたくをかし。

「さらば、とをきをさきにすべきか」


とて、淑景田(しげいさ)わたりたまう。殿などかへらせ給ひてぞのぼらせ給ふ。道の程も殿の御猿楽言にいみじう笑ひて、ほとほと打橋よりも落ちぬべし。


Tunagari_title
・枕草子 原文全集「淑景舎、春宮に」其の二

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,722 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!