新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「雨のうちはへ降るころ」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
雨のうちはへ降るころ

雨のうちはへ降るころ、けふも降るに、御使にて、式部の丞信経まゐりたり。例のごと、褥(しとね)さし出でたるを、常よりも遠くおしやりてゐたれば、

「誰が料ぞ」


といへば、笑ひて、

「かかる雨にのぼり侍らば、足がたつきて、いとふびんにきたなくなり侍りなむ」


といへば、

「など、せんぞく料にこそはならめ」


といふを、

「これは、御前にかしこう仰せらるるにあらず。信経が足がたのことを申さざらましかば、えのたまはざらまし」


と返し返しいひしこそ、をかしかりしか。

 「はやう、中后(なかきさい)の宮に、ゑぬたきといひて、名たかき下仕へなむありける。美濃の守にて亡(う)せにける藤原時柄、蔵人なりける折に、下仕へどものある所にたちよりて、『これや、この高名のゑぬたき、などさも見えぬ』といひけるいらへに、『それは、時柄にさも見ゆるならむ』といひたりけるなむ、かたきに選りてもさることはいかでからむと、上達部(かんだちめ)、殿上人まで、興あることにのたまひける。また、さりけるなめり、けふまでかくいひ伝ふるは」


と聞こえたり。

「それまた、時柄がいはせたるなめり。すべて、ただ題がらなむ、文も歌もかしこき」


といへば、

「げにさもあることなり。さは、題いださむ。歌よみ給へ」


といふ。

「いとよきこと。ひとつはなせむに、同じくは、あまたをつかうまつらむ」


などいふほどに、御返り出で来(き)ぬれば、

「あな、おそろし。まかり逃ぐ」


といひて出でぬるを、

「いみじう真名も仮名もあしう書くを、人わらひなどする、かくしてなむある」


といふもをかし。
 

作物(つくも)所の別当するころ、誰がもとにやりたりけるにかあらむ、ものの絵やうやるとて、

「これがやうにつかうまつるべし」


とかきたる真名(まんな)のやう、文字の、世にしらずあやしきを見つけて、

「これがままにつかうまつらば、ことやうにこそあべけれ」


とて、殿上にやりたれば、人々とりて見ていみじう笑ひけるに、おほきに腹立ちてこそにくみしか。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「雨のうちはへ降るころ」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,818 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!