新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「ねたきもの」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
ねたきもの

ねたきもの。人のもとにこれよりやるも、人の返事(かへりごと)も、書きてやりつるのち、文字一つ二つ思ひなほしたる。とみの物縫ふに、かしこう縫ひつと思ふに、針をひきぬきつれば、はやくしりをむすばざりけり。また、かへさまに縫ひたるもねたし。


南の院におはしますころ、

「とみの御物なり。誰も誰も時かはさず、あまたして縫ひてまゐらせよ」


とて給はせたるに、南面(みなみおもて)にあつまりて、御衣の片身づつ、誰かとく縫ふと、ちかくもむかはず縫ふさまも、いとものぐるほし。命婦の乳母(めのと)、いととく縫ひはてて、うちをきつる、ゆたけの片の身を縫ひつるが、そむきざまなるを見つけで、とぢめもしあへず、まどひをきて立ちぬるが、御背あはすれば、はやくたがひたりけり。
わらひののしりて、

「はやくこれ縫ひなほせ」


といふを、

「誰あしう縫ひたりとしりてかなほさむ。綾などならばこそ、裏を見ざらむ人もげにとなほさめ、無紋の御衣なれば、何をしるしにてか。なほす人誰もあらむ。まだ縫ひ給はむ人になほさせよ」


とて聞かねば、さいひてあらむやとて、源少納言、中納言の君などいふ人たち、もの憂げにとりよせて縫ひ給ひしを、見やりてゐたりしこそをかしかしりか。

おもしろき萩、薄などを植ゑて見るほどに、長櫃(ながびつ)持たるもの、鋤(すき)などひきさげて、ただ掘りに掘りていぬるこそわびしうねたけれ。よろしき人などのある時は、さもせぬものを。いみじう制すれど、

「ただすこし」


などうちいひていぬる、いふかひなくねたし。

受領などのおゑにも、ものの下部(しもべ)などの来(き)て、なめげにいひ、さりとて我をばいかがせむなど思ひたる、いとねたげなり。見まほしき文などを、人のとりて庭に下りて見たてる、いとわびしくねたく思ひていけど、簾のもとにとまりて見たる心地こそ、とびも出でぬべき心地こそすれ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「ねたきもの」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,377 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!