新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「草の花は」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
草の花は

草の花は撫子(なでしこ)。

唐のはさらなり、大和のもいとめでたし。

女郎花(をみなへし)。桔梗(ききやう)。朝顔。刈萱(かるかや)。菊。壺すみれ。


竜胆は、枝さしなどもむつかしけれど、こと花どもの、みな霜がれたるに、いとはなやかなる色あひにてさし出でたる、いとをかし。

また、わざと取りたてて人めかすべくもあらぬさまなれど、かまつかの花、らうたげなり。

名もうたてあなる。

雁の来る花とぞ文字には書きたる。

かにひの花、色はこからねど藤の花といとよく似て、春秋と咲くがをかしきなり。


萩、いと色ふかう、枝たをやかに咲きたるが、朝露にぬれて、なよなよとひろごり伏したる。

さ牡鹿の、わきて立ちならすらむも、心ことなり。八重山吹。


夕顔は、花のかたちも朝顔に似て、言ひつづけたるに、いとをかしかりぬべき花の姿に、実のありさまこそいとくちをしけれ。

などさ、はた生ひいでけむ。

ぬかづきといふものの、やうにだにあれかし。

されどなを、夕顔といふ名ばかりはおかし。

しもつけの花。蘆(あし)の花。


これに薄(すすき)を入れぬ、いみじうあやしと人いふめり。

秋の野のおしなべたるをかしさは、薄こそあれ。

穂さきの蘇枋(すはう)にいとこきが、朝露にぬれてうちなびきたるは、さばかりの物やはある。

秋のはてぞ、いと見所なき。

色々に乱れ咲きたりし花の、かたもなく散りたるに、冬の末まで、頭(かしら)のいとしろくおほどれたるも知らず、むかし思ひで顔に、風になびきてかひろぎ立てる、人にこそいみじう似たれ。

よそふる心ありて、それをしもこそ、あはれと思ふべけれ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「草の花は」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,961 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!