新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「暁にかへらむ人」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
暁にかへらむ人

暁にかへらむ人は、装束なといみじううるはしう、鳥帽子(えぼし)の緒、元結かためずもありなむとおぼゆれ。

いみじくしどけなく、かたくなしく、直衣(なをし)、狩衣(かりぎぬ)などゆがめたりとも、誰か見しりて笑ひそしりもせむ。


人はなほ、暁のありさまこそ、をかしうもあるべけれ。

わりなくしぶしぶに起きがたげなるを、強ゐてそそのかし、

「明け過ぎむ。あな見ぐるし」


などいはれてうち嘆くけしきも、げにあかず物憂くもあらむかしと見ゆ。

指貫なども、ゐながら着もやらず、まづさし寄りて、夜いひつることのなごり、女の耳にいひ入れて、なにわざすともなきやうなれど、帯など結ふやうなり。

格子押し上げ、妻戸ある所は、やがてもろともに率ていきて、昼のほどのおぼつかなからむことなども、いひ出でにすべり出でなむは、見おくられて、名残もをかしかりなむ。

思ひ出所ありて、いときはやかに起きて、ひろめきたちて、指貫のこしこそこそとひき結ひなをし、うえの衣も、狩衣も、袖かいまくりて、よろづさし入れ、帯いとしたたかに結ひはてて、つい居て、鳥帽子の緒、きと強げに結ひいれて、かいすふる音して、扇、畳紙(たとうがみ)など、よべ枕上におきしかど、おのづからひかれ散りにけるを求むるに、暗ければ、いかでかは見えむ、いづらいづらと叩きわたし、見いでて、扇ふたふたとつかひ、懐紙さし入れて、

「まかりなむ」


とばかりこそいふらめ。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「暁にかへらむ人」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,274 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!