新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「七月ばかりに/にげなきもの」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
七月ばかりに

七月ばかりに、風いたうふきて雨など騒がしき日、大かたいと涼しければ、扇もうちわすれたるに、汗の香すこしかかへたる綿衣(綿衣)のうすきを、いとよくひき着て昼寝したるこそ、をかしけれ。


にげなきもの

にげなきもの。下衆(げす)の家に雪の降りたる。また、月のさし入りたるもくちをし。月のあかきに屋形(やかた)なき車のあひたる。また、さる車にあめ牛かけたる。また、老いたる女の腹高くてありく。若き男もちたるだに見ぐるしきに、こと人のもとへいきたるとて腹立つよ。老いたる男の、寝まどひたる。また、さやうに鬚(にげ)がちなるもののしゐつみたる。歯もなき女の梅くひてすすがりたる。

下衆の、紅の袴着たる。このころはそれのみぞあめる。靫負(ゆげひ)の佐(すけ)の夜行すがた。狩衣(かりぎぬ)姿もいとあやしげなり。人に怖(お)ぢらるるうえの衣はおどろおどろし。たちさまよふも見つけであなづらはし。「嫌疑のものやある」と、とがむ。入り居てそらだき物に染みたる木丁にうちかけたる袴など、いみじうたづきなし。

かたちよき君達の、 弾正の弼(ひち)にておはする、いと見ぐるし。宮中将などの、さもくちをしかりしかな。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「七月ばかりに/にげなきもの」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,063 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!