新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

枕草子 原文全集「節(せち)は」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
節は

節(せち)は、五月にしく月はなし。菖蒲(さうぶ)、蓬(よもぎ)などのかをりあひたる、いみじうをかし。九重(ここのへ)の内をはじめて、言ひしらぬ民のすみかまで、いかでわがもとにしげく葺(ふ)かむと、葺(ふ)きわたしたる、なほいとめづらし。いつかはこと折に、さはしたりし。

空の気色、曇りわたりたるに、中宮などには、縫殿(ぬいどの)より御薬玉とて、色々の糸を組みさげて参らせたれば、御帳たてたる母屋(もや)の柱に左右に付けたり。九月九日の菊を、あやしき生絹(すずし)の衣に包みて参らせたるを、おなじ柱にゆひつけて月ごろある、薬玉にときかへてぞすつめる。また、薬玉は菊の折まであるべきにやあらむ。されど、それはみな糸を引き取りてもの結ひなどして、しばしもなし。

御節供まいり、若き人々菖蒲(さうぶ)の腰さし、物忌(ものいみ)つけなどして、さまざまの唐衣(からぎぬ)、汗衫(かざみ)などに、をかしき折り枝どもながき根に群濃(むらご)の組して結びつけたるなど、めづらしういふべきことならね、いとをかし。さて春ごとに咲くとて、桜をよろしう思ふ人やはある。

地(つち)ありくわらはべなどの、程々につけて、いみじきわざしたりと思ひて、常に袂(たもと)まぼり、人のに比べなど、えもいはずと思ひたるなどを、そばへたる小舎人童(ことねりわらわ)などに引きとられてなくも、をかし。

紫紙に楝(あふち)の花、あをき紙に菖蒲(さうぶ)の葉、ほそく巻きて結ひ、また、しろき紙を根してひき結ひたるも、をかし。いとながき根を、文の中に入れなどしたるを見る心地ども、えんなり。返事書かむといひあはせ、語らふどちは見せかはしなどするも、いとをかし。人のむすめ、やむごとなき所どころに、御文など聞こえ給ふ人も、今日は心ことにぞなまめかしき。夕暮れの程に郭公(ほととぎす)の名告(なのり)てわたるも、すべていみじき。



Tunagari_title
・枕草子 原文全集「節(せち)は」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
萩谷朴 1977年「新潮日本古典集成 枕草子 上」 新潮社
渡辺実 1991年「新日本古典文学大系 枕草子・方丈記」岩波書店
松尾聰,永井和子 1989年「完訳 日本の古典 枕草子」小学館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,820 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!