新規登録 ログイン

12_80 2次関数 / 2次関数とグラフ(定義域/値域)

2次関数[y=ax²+bx+cのグラフの頂点を求める方法]

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加
y=ax²+bx+cのグラフの頂点

ここでは、"y=ax²+bx+c"のグラフの頂点の求め方についてみていきましょう。
グラフの頂点は、"y=ax²+bx+c"を平方完成して"y=a(x−p)²+q"の形にすることで求めることができましたね。






このことから、"y=ax²+bx+c"のグラフの頂点は、


と表すことができます。
グラフが次のような位置にある場合は、
ALT





といった具合に、頂点が正なのか、それとも負なのかを探ることができます。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅰ 東京書籍
2013 数学Ⅰ 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 41,360 pt 
 役に立った数 24 pt 
 う〜ん数 40 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。