新規登録 ログイン

12_80 数と式/集合 / 実数/絶対値/平方根

高校数学 絶対値とは[絶対値の説明・記号をはずす計算問題]

著者名: ふぇるまー
Text_level_1
マイリストに追加

練習問題

問題 次の値を答えよ
(1) |15|
(2) |-0.2|
(3) |-3|+|4|
(4) |√3-2|


(1) |15|

絶対値の中の数字が0より大きいので、そのまま記号をはずします。

|15|=15

(2) |-0.2|

絶対値の中の数字が0より小さいので、中の数字に-1をかけてから記号をはずします。

|-0.2|=0.2

(3) |-3|+|4|

絶対値の足し算です。このような場合は、それぞれの絶対値の記号をはずしてから計算を行います。

|-3|は絶対値の中の数字が0より小さいので、中の数字に-1をかけてから記号をはずします。
|-3|=3

|4|は絶対値の中の数字が0より大きいので、そのまま記号をはずします。

|4|=4

以上より
 |-3|+|4|
=3+4
=7

(4) |√3-2|

"|√3-2|"のような初めての問題が出題されても、さっき学んだ2つの原則をしっかり覚えておけば恐れることはありません。

①絶対値の中が0より大きい場合は、絶対値の記号を取り除くだけ

②絶対値の中が0より小さい場合は、中の数字に-1をかけてから記号を取り除く


まず"√3-2"は0より大きいか小さいかを考えます。
"√3=1.7320508・・・"なので"√3-2<0"がわかります。
絶対値の記号の中が0より小さいということは、②の原則を使って記号をはずします。

 |√3-2|
=-(√3-2)
=-√3+2

以上、練習問題でみてきたことをまとめると

a≧0のとき、|a|=a -ⅰ
a<0のとき、|a|=-a -ⅱ


?と感じるかもしれませんが、ⅰ、ⅱは①と②の原則を難しくかいてあるだけにすぎません。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2013 数学Ⅰ 数研出版
2013 数学Ⅰ 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 255,920 pt 
 役に立った数 577 pt 
 う〜ん数 115 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!