新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

沙石集『いみじき成敗/正直の徳』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
いみじき成敗/正直の徳

沙石集『いみじき成敗/正直の徳』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、問いに答えよ


唐土いやしき夫婦あり。餅を売りて世を渡りけり。

夫、道のほとりにして餅を売りけるに、人の袋を落としたりけるを取りて見れば、銀の軟挺六つありけり。家に持ちて帰りぬ。妻、心素直に欲なき者にて、

「我らは商うて過ぐれば事も欠けず。この主いかばかり嘆き求むらん。いとほしきことなり。主を尋ねて返し給へ。」

と言ひければ、

「まことに。」

とて、あまねく触れけるに、主といふ者出で来て、これを得てあまりにうれしくて、

「三つをば奉らん。」

と言ひて、既に分かつべかりけるとき、思ひ返して、煩ひを出ださんために、

「七つこそありしに、六つあるこそ不審なれ。一つをば隠されたるにや。」

と言ふ。

「さることなし。もとより六つなり。」

と論ずるほどに、果ては国の守のもとにして、これをことわらしむ。国の守、眼さかしくして、この主は不実の者、この男は正直の者と見ながら、なほ不審なりければ、彼の妻を召して、別の所にして、事の子細を尋ねるに、夫が申し条に少しもたがはず。この妻は極めたる正直の者と見て、かの主不実のこと確かなりければ、国の守の判に言はく、

「このこと確かの証拠なければ判じがたし。ただし、共に正直の者と見えたり。夫婦また言葉たがはず。主の言葉も正直に聞こゆれば、七つあらん軟挺を尋ねて取るべし。これは六つあれば、別の人のにこそ。」

とて、六つながら夫婦に賜びけり。 宋朝の人、いみじき成敗とぞ、あまねく褒めののしりける

設問

Q1:「唐土」を現代仮名遣いで読め。


Q2:「唐土」と同じ意味で使われている言葉を本文中より抜き出せ。


Q3:「いやしき」とはここではどういう意味か。


Q4:「思ひ返して」とあるが、なぜそのようなことを思ったのか。


Q5:「ことわらしむ」の意味を答えよ。


Q6:宋朝の人たちはなぜ、「いみじき成敗」だと言ったのか。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 新訂国語総合』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 22,554 pt 
 役に立った数 29 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。