新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『雪のいと高う降りたるを』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
雪のいと高う降りたるを

枕草子『雪のいと高う降りたるを』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、設問に答えよ

雪のいと高う降りたるを例ならず御格子まゐりて炭櫃に火おこして、物語などして集まりさぶらうに、

「少納言よ、香炉峰の雪いかならむ。」

と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。人々も

さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。なほ、この官の人にはさべきなめり。」

と言ふ。

設問

Q1:「例ならず御格子まゐりて」を現代語訳せよ。


Q2:「炭櫃」の読み仮名を書け。


Q3:「さぶらう」は誰から誰への尊敬語か。


Q4:「御格子上げさせて」の主語を答えよ。


Q5:「さることは」とはどのようなことを指しているか。


Q6:「さべきなめり」を品詞分解し、文法的に説明せよ。


Q7:清少納言が御格子をあげたのは、中国のとある句に則ったがためであるが、その句の作者を答えよ。


次ページ:解説と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 83,731 pt 
 役に立った数 127 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。