manapedia
更級日記『門出(東路のあとに)』テスト対策・テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
163,052 views

Q1:「生ひ出でたる人」とは誰のことか。

A:作者(菅原孝標女)

Q2:「いかばかりかはあやしかりけむ」を現代語訳せよ。

A:どんなにか田舎じみていたであろうに

Q3:「あやしかりけむ」の「けむ」文法的意味とその活用形を書け

A:過去推量の助動詞「けむ」の連体形

Q4:「いかでか見ばや」を現代語訳せよ。

A:どうにかして見たい

Q5:「いかに思ひはじめけることにか、」のあとに省略されているであろう言葉を答えよ。

A:ありけむ

Q6:「その物語、かの物語」とあるが、更級日記以前に書かれた物語の中から3つ書け。

A:竹取物語、伊勢物語、源氏物語
※他には大和物語宇津保物語落窪物語などがある。

Q7:「京にとく上げたまひて、」の「たまひ」は尊敬語であるが、誰から誰への尊敬か。

A:作者から薬師仏への尊敬語

Q8:「上らむ」とは何を意味するか。

A:京に上京すること(引っ越すこと)

現代語訳と解説

『門出(東路の道の果て)』更級日記 わかりやすい現代語訳と解説


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。