新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

更級日記『門出(東路のあとに)』テスト対策・テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
更級日記『門出(東路のあとに)』

更級日記『門出(東路のあとに)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、設問に答えよ


東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、世の中に物語といふもののあなるを、いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間、よひゐなどに、姉、継母などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとど ゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。

いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を作りて、手洗ひなどして、ひとまにみそかに入りつつ、

京にとく上げたまひて、物語の多く候ふなる、ある限り見せたまへ」

と、身を捨てて額をつき、折りまうすほどに、十三になる年、上らむとて、九月(ながつき)三日門出して、いまたちといふ所に移る。

年ごろ遊び慣れつる所を、あらはに こほち散らして、立ち騒ぎて、日の入り際の、いとすごく霧り渡りたるに、車に乗るとてうち見やりたれば、人まには参りつつ額をつきし薬師仏の立ちたまへるを、見捨てたてまつる悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。

設問

Q1:「生ひ出でたる人」とは誰のことか。


Q2:「いかばかりかはあやしかりけむ」を現代語訳せよ。


Q3:「あやしかりけむ」の「けむ」文法的意味とその活用形を書け


Q4:「いかでか見ばや」を現代語訳せよ。


Q5:「いかに思ひはじめけることにか、」のあとに省略されているであろう言葉を答えよ。


Q6:「その物語、かの物語」とあるが、更級日記以前に書かれた物語の中から3つ書け。


Q7:「京にとく上げたまひて、」の「たまひ」は尊敬語であるが、誰から誰への尊敬か。


Q8:「上らむ」とは何を意味するか。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 筑摩書房
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 119,893 pt 
 役に立った数 249 pt 
 う〜ん数 13 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!