新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

奥の細道「平泉」テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
平泉

奥の細道『平泉』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、問いに答えよ


三代の栄耀一睡の中にして、 大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。

まづ高館にのぼれば、北上川南部より流るる大河なり。衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、夷を防ぐと見えたり。さても 義臣 すぐつてこの城にこもり、功名一時のくさむらとなる。国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠うち敷き て、時の移るまで涙を落とし侍りぬ。

夏草や兵どもが夢の跡

卯の花に兼房見ゆる白毛かな 曾良


かねて耳驚かしたる二堂開帳す。経堂は三将の像を残し、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。七宝散りうせて、珠の扉風に破れ、金の柱霜雪に朽ちて、既に頽廃空虚のくさむらとなるべきを、四面新たに囲みて、甍を覆うて風雨をしのぐ。しばらく千歳の記念とはなれり。

五月雨の降り残してや光堂

設問

Q1:「三代の栄耀」とは、何氏の栄耀のことを指すか。


Q2:「栄耀」の読み仮名を歴史的仮名遣いで答えよ。


Q3:「一睡の中にして」とはどのような意味か答えよ。


Q4:「大河」とは何を指すか、本文中より抜き出せ。


Q5:「功名」とは、誰の功名か。


Q6:「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」とは、誰の何という詩を意識しているか。


Q7:「かねて耳驚かしたる」とはどういう意味か。


Q8:「卯の花に兼房見ゆる白髪かな」を現代語訳せよ。



次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 国語総合』 筑摩書房
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 60,901 pt 
 役に立った数 120 pt 
 う〜ん数 14 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。