新規登録 ログイン

13_80 場合の数と確率 / 確率

数学Aで使う確率の計算・求め方一覧

著者名: となりがトトロ
Text_level_1
マイリストに追加
数学Aで使う確率の計算・求め方

事象の確率

事象Aが起こる確率P(A)は、

P(A)
=事象Aの起こる場合の数÷起こりうるすべての場合の数


確率の加法定理

事象Aと事象Bが同時に起こらない(排反事象)で、Aの起こる確率がP(A)、Bの起こる確率が(B)のとき、



余事象の確率




独立な試行の確率

事象Aと事象Bがそれぞれ独立であるとき、Aの起こる確率をP(A)、Bの起こる確率をP(B)とする。AもBも起こる確率は



反復試行の確率

1回の試行で事象Aが起こる確率がPのとき、この試行をn回繰り返してAがr回起こる確率は


※ただし、q=1-p
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学A』 東京書籍
『教科書 新編数学A』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,181 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。