新規登録 ログイン

12_80 数と式/集合 / 2次方程式/解の公式

2次方程式の解と係数の関係の証明

著者名: となりがトトロ
Text_level_1
マイリストに追加
2次方程式の解と係数の関係

a≠0のとき、2次方程式の2つの解をα、βとすると




このテキストでは、この計算が成り立つかを証明します。

証明

解の公式より、a≠0のときの解は



となる。


としたとき、(※αとβが逆でもよい)

α+β






αβ








このことから、a≠0のとき、2次方程式の2つの解をα、βとすると



が成り立つことがわかった。
証明おわり。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学Ⅰ』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 8,836 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。