新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『東下り(三河国)』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
東下り(三河国)

伊勢物語『東下り(三河国)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。もとより友とする人、ひとりふたりして、いきけり。道知れる人もなくて惑ひ行きけり。

三河の国、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。その沢のほとりの木の陰に下り居て、乾飯食ひけり。その沢に、かきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、

「かきつばたといふ五文字を、句の上に据ゑて、旅の心をよめ」


といひければよめる。

から衣 着つつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ


とよめりければ、みな人、餉の上に涙落として、ほとびにけり。

問題

Q1:伊勢物語は、誰をモチーフにして書かれたとされているか


Q2:「えうなき」とはどのようなことか、説明せよ。


Q3:「京にはあらじ」の「じ」の文法的意味を答えよ


Q4:「三河」とは、現在のどの都道府県にあたるか。


Q5:「乾飯」の読み方を歴史的仮名遣いで記せ。


Q6:「三河八橋」が「八橋」という名前をつけられた理由を述べよ。


Q7:「かきつばたいとおもしろく咲きたり」の「おもしろく」の現代語訳を書け。



次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 桐原書店
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 93,052 pt 
 役に立った数 284 pt 
 う〜ん数 24 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。