新規登録 ログイン

22_80 人間としての自覚 / 青年期の自己

青年期の特徴とは 4 <マズローの欲求段階説と防衛機制>

著者名: John Smith
Text_level_2
マイリストに追加
欲求とは何か

欲求と一口に言っても、様々なタイプのものがあります。

人には、食欲、睡眠欲、性欲など、生理的欲求を主とする一次的欲求と、愛情や名誉などの社会的欲求や、自己実現などの精神的欲求を主とする二次的欲求の2つがあります。

マズローの欲求段階説

アメリカの心理学者マズローは、人間の欲求には段階があるという説を唱えました。

彼によると、人間には5つの欲求があり、生理的欲求をベースとして、徐々に高次元の欲求が現れるとしました。

生理的欲求

生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的欲求のことです。

安全の欲求

身体的、経済的な安全を求める欲求です。

所属と愛の欲求

社会において、他者に受け入れられている、どこかに所属していたいという欲求です。

承認の欲求

集団内において、自分が他人から高く評価され、尊重されたいという欲求です。

自己実現の欲求

ほか4つの欲求を全て満たした場合に、生じるもので、自分の能力を最大限に発揮し、自己実現を図りたいとする欲求です。

ALT


欲求不満と防衛機制

欲求はいつも満たされるわけではありません。

欲求が満たされない時、人は欲求不満(フラストレーション)や、葛藤(コンフリクト)に悩まされます。

このような状況を、人は無意識の内に心理的解決によって克服しようとするのです。

この心理的解決を、オーストリアの精神分析学者フロイトは、防衛機制と呼びました。

ALT

(フロイト)

防衛機制はいくつかのパターンがあります。

種類内容
抑圧不満の原因を忘れようとする
合理化自分の行動の正当性を証明しようとする
同一視自分を地位の高い人間と同一に見る
投射自らの劣る部分を他人のせいにする
反動形成現実とは逆の行動や態度をとる
逃避想像や空想の世界へ逃げる
退行幼児期のような態度をする
置き換え(代償)代わりのもので不満を解決しようとする
置き換え(昇華)不満を別の活動に向け、結果を出す


このような防衛機制は、人間の心理が自分を守るために必要不可欠なものです。

この仕組みによって、人間は挫折や困難な状況を乗り越えていきます。
Tunagari_title
・青年期の特徴とは 4 <マズローの欲求段階説と防衛機制>

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『倫理 用語問題集』 山川出版社
『新倫理 高等学校』 清水書院

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 22,185 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。