新規登録 ログイン

11_80 オーラルコミュニケーション / オーラルコミュニケーション

英語で「頭痛、腹痛、熱がある、下痢気味」症状を伝える表現

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

日頃生活をしていると、体調が悪くなることってありますよね。今回はそんなときに症状をどのように伝えたらいいのかについて簡単に説明したいと思います。

〇〇が痛い

そもそも「〇〇が痛い」というのは、どのように伝えたらよいのでしょうか。
英語では、「〇〇が痛い」ではなく、「〇〇な痛みを持っている」というように言葉にします。

例えば、「頭が痛いです」という日本語を英語にするならば、次のように考えます。

I have a headache.

直訳するならば、「私は頭痛を持っています」となりますが、これで「頭が痛いです」のニュアンスになります。この表現はいろんな場合に使えます。
例えばお腹が痛いときは次のようになります。

I have a stomach ache.

ちなみにこの「I have a~」という表現は、「○○が痛い」といった場合だけではなく、「〇〇な症状がある」というシチュエーションでも使えます。
熱がある場合は、I have a fever
下痢の場合は、 I have a diarrhea.

となります。
「I have a 症状」で「〇〇が痛い、〇〇な症状だ」というように覚えておきましょう。]


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『旅の指さし会話帳9アメリカ(アメリカ英語)[第二版]』 株式会社情報センター出版局

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 18,995 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 9 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。