新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『ふるさとは浅茅が末になり果てて月に残れる人の面影』現代語訳と解説・品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「ふるさとは浅茅が末になり果てて月に残れる人の面影」という歌について説明していきます。

原文

ふるさとは浅茅が末になり果てて月に残れる人の面影

現代語訳(口語訳)

昔住んでいた、ふるさとの家は浅茅で生い茂ってすっかりと変わり果ててしまった。昔と変わらない月に残っている懐かしい人の面影だことよ。

解説・鑑賞のしかた

ふるさとはすっかりと変わり果ててしまったが、昔と変わらない「月」を見上げてみると、そこには懐かしい人の面影が浮かんでくると詠んでいます。人の面影とは、昔なじみの人とも亡くなった人とも受け取れます。体言止めの技法が用いられています。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

ふるさと
(係助詞)
浅茅
(格助詞)

(格助詞)
なり果て(タ行下二段活用・連用形)
(接続助詞)

(格助詞)
残れ(ラ行四段活用・已然形)
(存続の助動詞・連体形)

(格助詞)
面影
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 新訂国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 8,316 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。