新規登録 ログイン

18_80 西アジア・地中海世界の形成 / 古代オリエント世界

ヘブライ人(ユダヤ人)とユダヤ教の歴史

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加
はじめに

ALT


中東の一部では、現在でも様々な宗教紛争地域があります。中でもイスラエルには、イェルサレムというユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の聖地があります。
ここは各宗教が何故争うのかという理由を象徴する場所であるといえます。
それぞれ異なる宗教が何故同じ場所を聖地としているのか。その理由を、ヘブライ人の歴史から紐解いていきましょう。

ヘブライ人の移住

ヘブライ人セム語系の民族で、もともとユーフラテス川上流の地域で生活していた人々です。ヘブライというのは異民族からの呼称で、彼らはイスラエル人と自称していました。ヘブライとイスラエルは同じ民族を指しているのです。

紀元前1500年頃になると、彼らは中東のパレスチナ地域に移住します。

ALT


(パレスチナの衛星写真)

よくニュースで耳にする「パレスチナ問題」のパレスチナは、こんなに古い歴史をもつ地域だったんです。

この移住の際に、パレスチナ人の一部はヒクソスという別の民族と共にエジプトに入ったとされてます。
1ページへ戻る
前のページを読む
1/5
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 38,287 pt 
 役に立った数 20 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 17 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。