新規登録 ログイン

7_80 第2分野 / 2年:動物の体のしくみ

血液はどんな成分からできているのか(赤血球・白血球・血しょうの働き)

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
血液

私たちの体を流れている血液は、体重の約7%をしめていると言われています。血液は、赤血球白血球血小板の3つの固体の成分と、血しょうとよばれる液体の成分があわさったものです。
ALT

(左から赤血球、血小板、白血球)

赤血球

赤血球は、肺からとりいれた酸素と結び付いて、体全体に酸素を運ぶ役割をします。酸素の多いところでは酸素とくっつき、酸素の少ないところでは、くっついている酸素をはなすという性質があります。核はもちません

白血球

白血球は、体内に入ってきた細菌を食べて、体の環境を守っています。赤血球とちがって核を持ちます

血小板

血小板は、血管が切れて血がでたときに、血液をかためて出血をとめる役割をします。転んでひざをすりむいたときに血がだんだんと止まるのは、この血小板のおかげです。

血しょう

血しょうは、体に必要な栄養分や、体で不要となった老はい物を運ぶ、血液の成分のことです。赤血球・白血球・血小板は、この血しょうの中をただよっています。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 36,015 pt 
 役に立った数 66 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。