新規登録 ログイン

7_80 第2分野 / 2年:動物の体のしくみ

たんぱく質がアミノ酸となって体に消化・吸収されるまでのしくみ

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
たんぱく質の消化・吸収

たんぱく質からペプトンへ

肉や大豆にふくまれれうたんぱく質は、胃液にふくまれるペプシンという消化酵素によってペプトンに分解されます。

ペプトンからポリペプチドへ

ペプトンは、十二指腸を通るときにすい液と混ざります。すい液にはトリプシンという消化酵素がふくまれていて、これによってペプトンは、ポリペプチドに分解されます。

ポリペプチドからアミノ酸へ

さらにポリペプチドは、小腸から分泌されるペプチターゼという消化酵素によってアミノ酸に分解されます。

アミノ酸の吸収

アミノ酸は、小腸の内側にある柔毛というヒダの中にある、毛細血管から吸収されて肝臓、さらには心臓、そして体全体へと運ばれ、細胞をつくる材料となります。

たんぱく質
→胃液にふくまれるペプシンペプトンに変化
→すい液にふくまれるトリプシンポリペプチドに変化
→小腸から分泌されるペプチターゼアミノ酸に変化
→肝臓・心臓を通って体全体に運ばれ、細胞の材料となる

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 90,791 pt 
 役に立った数 70 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。