新規登録 ログイン

7_80 第2分野 / 2年:動物の体のしくみ

でんぷんがブドウ糖となって体に消化・吸収されるまでのしくみ

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
でんぷんの消化・吸収

でんぷんから麦芽糖へ

でんぷんは、だ液(つば)に含まれているアミラーゼという消化酵素によって、麦芽糖(ばくがとう)に分解されます。アミラーゼは、すい臓から出されるすい液にも含まれていて、だ液で麦芽糖になりきれなかったでんぷんは、十二指腸ですい液とからまって、ここで完全に麦芽糖になります。

麦芽糖からブドウ糖へ

さて、麦芽糖が小腸にたどりつくと、小腸から出ているマルターゼという消化酵素によって、ブドウ糖に分解されます。ブドウ糖になってようやく、体に吸収できるようになります。

ブドウ糖の吸収

ブドウ糖は、小腸の内側にある柔毛というヒダの中にある、毛細血管から吸収されて肝臓に運ばれます。ブドウ糖の一部は、肝臓でグリコーゲンに形をかえてたくわえられます。そして残りは体全体に送られて、私たちが体を動かすためのエネルギーとなります。

でんぷん
→だ液・すい液のアミラーゼ麦芽糖に変化
→小腸内のマルターゼブドウ糖に変化
→小腸で吸収
→肝臓
→ブドウ糖は全身へ・一部はグリコーゲンに形をかえる

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 132,902 pt 
 役に立った数 116 pt 
 う〜ん数 19 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。