新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ』わかりやすい現代語訳と品詞分解 

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、万葉集で詠まれている「憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ」という歌について説明していきます。

原文

憶良らは今は罷(まか)らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ

現代語訳

この憶良はもうおいとましましょう。(家で)子が泣いているでしょうし、その母も私を待っているでしょうから。

解説・鑑賞のしかた

この句は、山上憶良(やまのうえ の おくら)が詠んだものです。宴会で盛り上がって、そろそろ帰ろうとなったときに詠まれたものです。

このとき山上憶良は60~70歳でした。60~70歳の老人が、「家で子が泣いている」、「そしてその子の母親が私の帰りを待っている」というのは現実的には考えられません。この歌は、宴会から先に帰ってしまうとみんな気を悪くしてしまうだろうからということで、とっさに思い浮かんだジョークなんですね。その点にこの歌のおもしろさがあります。

「罷らむ」と「子泣くらむ」の「らむ」の違い

罷(まか)らむ罷るは「おいとまする」の意味。罷ら+意志の助動詞「む」の終止形
子泣くらむここの「らむ」は、現在推量の助動詞「らむ」の終止形


次ページ:品詞分解

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 74,016 pt 
 役に立った数 46 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。