新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 2年:化学変化と原子・分子

化学変化をする物質の質量の割合はいつも一定

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
化合する物質の質量の割合

銅の酸化を考えてみましょう。

銅+酸素→酸化銅

でした。このとき銅と酸素、そして酸化銅の質量の割合は決まっています。銅:酸素:酸化銅=4:1:5と定められています。このようにすべての物質は、化合するときにそれぞれ決まった質量の割合で化合します。

分解する物質の質量の割合

酸化銀の分解を考えてみましょう。

酸化銀→銀+酸素

このとき、分解したあとの銀と酸素の割合は、つねに27:2と決まっています。分解においてお、物質の質量の割合は決まっているのです。そしてこの割合は物質の種類によって決まります。

化合物の化学変化において、反応する物質の割合はつねに一定であり、その割合は物質の種類によって決まっている。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,834 pt 
 役に立った数 17 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。