新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 2年:化学変化と原子・分子

原子と分子を化学式で表す

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
原子・分子を表すのに、いちいち「水素の原子が~」、「水の分子が~」と書くのは面倒です。その面倒をなくすために原子には、それぞれアルファベットが割りふられています。分子もこのアルファベットを使って表すことができます。

名前原子分子
水素
酸素
窒素
炭素
二酸化炭素


例えばH2は、水素原子が2こ集まって1つの水素分子を作っていると考えます。この分子を表す記号のことを化学式と言います。

化学式を書くとき、原子の数が1個ですむときは原子を表すアルファベットをそのまま書きます。(H2O)。原子の数が2つ以上あるときは、アルファベットの横に、下つき文字でその数を書きます。(H2O)。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,317 pt 
 役に立った数 21 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。