新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 2年:化学変化と原子・分子

原子と分子の違い

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
単体と化合物

原子と分子の話をする前に、単体と化合物の話をしておきましょう。

物質を分解していくと、もうこれ以上分解できないというところまでいきます。例えば水は、水素と酸素に分解できますが、水素と酸素はこれ以上分解することができません。水素、酸素のようにこれ以上分解することができない物質のことを単体、水のように2つ以上の単体からなる物質化合物と言います。

原子と分子

私たちの体は、人間という1つの単体です。しかしその単体は、さらに細かい細胞からなりたっています。細胞は1つだけあっても人間の体としては機能しませんよね。話を物質の単体に戻しましょう。

同じように、単体をさらに細かくした、物質を作る最小のつぶ(細胞)のことを原子と言います。ただし、原子だけではその物質の性質はありません。例えば水素の原子は1つだけでは水素の性質は示しませんし、酸素の原子は1つだけでは酸素の性質は示しません。原子がある一定の数くっついて初めて物質としての性質を示すようになります。

(原子がどれだけくっつくかは、原子によって違います)。物質としての性質を示すようになる最小の単位のことを分子と言います。水素原子は水素の性質を示しませんが、水素分子は水素の性質を示します。また、水分子や二酸化炭素分子のように、2種類以上の原子からできている分子もあることを覚えておきましょう。

原子:すべての物質の最小単位
分子:原子の集まり。物質の性質を現す最小の単位

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社
『テストに出る要点がわかる 理科中学2年』 文英堂編集部 文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 97,029 pt 
 役に立った数 291 pt 
 う〜ん数 50 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。