新規登録 ログイン

3_80 図形 / 3年:三平方の定理

テストによく出る直角三角形の辺の比

著者名: じょばんに
Text_level_1
マイリストに追加
直角三角形の中でも、特にテストに出題されやすい直角三角形があります。それが次の2つです。
ALT


①は、BC=ACの直角二等辺三角形で、



と辺の比がきまっています。つまり、仮にa=1cmだった場合、b=1cm、c=√2cmに、a=2cmだった場合、b=2cm、c=2√2cmと決まっているのです。

②は、∠DEF=60°、∠EDF=30°の直角三角形で、



と辺の比が決まっています。仮にd=1cmのときは、e=√3cm、f=2cmに、d=2cmのときはe=2√3cm、f=4cmとなります。

この1:1:√2と、2:1:√3という辺の比は、高校生になっても使う大切な比ですので、必ず覚えるようにしておきましょう。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 中学校 数学Ⅲ』 数研出版
『やさしくまるごと中学数学』 吉川直樹 Gakken

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 18,473 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。