新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『油売翁』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『油売翁』

ここでは、中国の故事である「油売翁」の書き下し文・現代語訳と文法解説をおこなっています。

原文(白文)

陳康粛公尭咨善射、当世無双。
公亦以此自矜。

嘗射於家圃。有売油翁、釈担而立、睨之久不去。
見其発矢十中八・九、但微頷之。

康粛問曰、
「汝亦知射乎。吾射不亦精乎。」


翁曰、
「無他。但手熟爾。」


康粛忿然曰、
「爾敢軽吾射。」


翁曰、
「以我酌油知之。」


乃取一葫盧置於地、以銭覆其口、徐以杓酌油瀝之。
自銭孔入、而銭不湿。因曰、
「我亦無他。惟手熟爾。」


康粛笑而遣之。

此与荘生所謂解牛斲輪者何異。

書き下し文

陳康粛公尭咨は射を善くし、当世無双なり。
公も亦此れを以って自ら矜(ほこ)る。

嘗(かつ)て家圃に射る。売油翁(ばいゆおう)有り、担(に)を釈(お)きて立ち、之を睨(み)ること久しうして去らず。其の矢を発し、十に八・九を中(あ)つるを見て、但(た)だ微(すこ)しく之に頷(うなづ)くのみ。

康粛問ひて曰はく
「汝亦射を知るか。吾が射は亦た精ならずや。」と。


翁曰はく
「他無し。但だ手の熟せるのみ」と。


康粛忿然として曰はく
「爾(なんじ)、安(いづ)くんぞ敢へて吾が射を軽んずるや。」と。


翁曰はく
「我が油を酌むを以つて之を知る。」と。


乃ち一葫盧を取りて、地に置き、銭を以つて其の口を覆ひ、徐(おもむろ)に杓を以つて油を酌み之を瀝(したた)らす。銭孔より入り、而(しか)も銭は湿(うるほ)はず。因りて曰はく、

「我も亦、他無し。惟だ手の熟せるのみ。」と。


康粛笑ひて之を遣る。

此れ荘生の所謂(いはゆる)牛を解き輪を斲(き)る者と、何ぞ異ならんや。

次ページ:口語訳(現代語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
NHK高校講座
『教科書 国語総合』 筑摩書房

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 110,639 pt 
 役に立った数 112 pt 
 う〜ん数 15 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。